BlancNeige

正しいスキンケア

快適な肌環境に整えるために最も必要なことは、肌を清潔にすること。 ただし、この時に肌の乾燥を招きがちです。 大切なポイントは「何で洗う?どうやって洗う?」

[洗うものの見分け方]

まずは大人が自分の洗顔で試してみて、洗っている時に肌に刺激がないか、目にしみないか、 洗った後の突っ張り感が少ないか、を実感してみてください。 そうすることで、赤ちゃんの肌が感じていることを、大人が理解できることにつながります。

『AT BABYソープ』は刺激がなく目にしみないことと、洗うだけでなく「保湿して整える」ことができるソープです。敏感肌・乾燥肌のママ&ベビーの洗顔・シャンプー・全身用にオススメです。 洗うだけで肌の状態が変わります。

赤ちゃんの場合、夏は1日1回ソープを使って洗いますが、湿度が低く乾燥する秋冬は2日に1回程度で十分です。 ママはメイクオフもAT BABYソープでの2回洗いで完了です。

シャンプー剤はより一層刺激が強いので、AT BABYソープをシャンプーに使います。10歳くらいまではATソープだけで十分ですが、髪質によってはブランネージュコンディショナーを使うと一層髪にいいです。

たっぷり保湿ケア

お風呂から出たら、柔らかい綿などのタオルで押すようにして体の水分を拭き取ります。 その後は素早く保湿。肌が「ドライ」になった状態を放っておくと、肌の状態は急スピードでバリア機能が 低下し、肌荒れやアレルギー症状の原因になります。

水分と油分をきちんと補ってあげて、キレイな肌をしっかりとキープしてあげましょう。 日中でも、カサカサ状態を見つけたらその都度、保湿ケアをしてあげましょう。

『AT BABYローション』はカサカサ・かいかい・ブツブツ、気になるところにたっぷりと馴染ませます。 朝晩だけでなく、日中もこまめにつけることで、安定した肌へ整えます。

大人のスキンケアには、500円玉大の量を手に取り、数回重ね付けすると、翌朝の肌がツルツルとして調子がいいのを実感できます。

ドライスキン・乳児湿疹

ドライスキンは、皮膚表面のバリア機能が低下している状態。 細菌やアレルゲンが侵入しやすく刺激に弱いのが特徴。

化学繊維などの肌着や洋服が触れるだけも、赤くて痒い湿疹が出るほどデリケートな状態です。 オムツ替えの時の軽い摩擦であっという間に真っ赤で痛々しいオムツかぶれになってしまうこともあります。

ドライスキンを放っておくとアレルギー症状の原因にもなります。気がついたときから、しっかりと正しい スキンケアを取り入れて、赤ちゃんに快適な素肌で気持ちよく過ごさせてあげましょう。

『ATジェルとATオイル』を手の中で混ぜ合わせて、全身に伸ばします。 気になるところをしっかりガードして、心地よい肌へと整えます。

赤みと痒みがある肌には、ATジェルの重ね付けがオススメです。痒みが落ち着くまで繰り返し馴染ませます。 最後にATオイルを数滴、ATジェルに混ぜて皮脂膜を整えてください。

UV対策

UVケアの基本としては「十分な保湿」です。 紫外線ダメージを受けることで皮膚代謝機能が低下することが、シミや乾燥などの皮膚トラブルを招きます。

外出から戻ったらシャワーなどで皮膚を清潔にして、まずはしっかり保湿。 すぐにスキンケアをすることでUVダメージを最小限に抑えることができます。

外出時は、帽子・長袖・日傘・おくるみ・ベビーカーなどで遮光。 肌がデリケートな赤ちゃんは特にUVカット製品に頼り過ぎないように。 SPF・PAの数値が高いと皮膚へ負担をかけます。油性の濃度が高く密着度が高いのも皮膚への負担に。

『UVシュシュ』は、油分を含まないローションタイプです。 UVA・UVBに対応した成分配合。SPFの数値は低いですが、紫外線から肌を保護して保湿する天然由来の成分が配合されているので、肌に負担をかけずにUVケアが可能です。 外出先では、UVシュシュをこまめにスプレーすることで肌のダメージケアをしながらUVカットが出来ます。

  • 敏感肌・アトピー
  • 乾燥肌でお悩みの方はこちら
  • 普通肌・脂性肌でお悩みの方はこちら
  • 男性の方はこちら
  • 赤ちゃんをお持ちの方はこちら
  • アンチエイジングでお悩みの方はこちら
  • 洗顔料
  • 美肌化粧品
  • 化粧品
  • 保湿・乳液
  • ベースメイク
  • ファンデーション
  • UVケア
  • リップケア
  • ヘアケア
  • ボディケア
  • ヘルスケア